• 院長ブログ
  • 6つの特長
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 症状別対処方法
  • グループ開業者リンク

HOME > 症状別対処方法 > 腰痛

症状別対処方法

< 肩こり  |  一覧へ戻る  |  首こり・首痛 >

腰痛

腰痛の85パーセントが病院で原因不明と言われています。残りの15パーセントは腰椎椎間板ヘルニア、腰椎脊柱感狭窄症、圧迫骨折など病名をつけられますが、外科手術などで一時的に改善されても痛みが治まらない場合もあります。
当院にも病院に行ってもよくならないということで来院されてくる方も多いです。腰痛は姿勢の悪さ、運動不足、ストレス、加齢による筋肉の低下、などで起こります。他にも様々な内蔵や血管の病気によっても起こります。問診の結果、病院で検査してみる事をおすすめする場合もあります。

ただ腰痛といっても、痛みの度合い、痛み方、痛みの出る箇所など痛みの状況は人それぞれです。 デスクワークや車の運転などで長時間座っていると腰が痛くなる方、接客業などで長時間立ち続けると腰が痛くなる方、スポーツや歩いているときなど体を動かすと腰が痛む方、また痛みの出る箇所も『お尻から太腿にかけて』『背骨の両脇辺り』『腰の中心部分』など様々です。

筋肉、筋膜、腱、靭帯などが腰の痛みを発生する組織です。これらの組織には、神経がはりめぐらされていて、組織の異常を感受した神経は興奮し痛みが発生します。また、神経が障害をおこし、直接痛みがでる場合もあります。いずれにしても、興奮した神経や軟部組織(筋肉や靭帯など)の異常を改善しなければ痛みは治まりません。背骨や骨盤の歪みを正すことが重要です。

マッサージなどで腰を揉んだり、押したりして一時的に筋肉をほぐして痛みを無くしても、また再発してしまいます。それは根本原因を改善してないからです。
上半身と下半身をつなぐ腰周辺は、たくさんの筋肉や靭帯、神経などが複雑に関連しています。背骨や骨盤のほんの2,3ミリの歪みでも神経を圧迫したり、筋肉のバランスを崩したり、靭帯が緊張することが発生します。また、血管もここを通っています。酸素や栄養分を運んだり、疲労物質などを回収したりする役割が背骨や骨盤の歪みにより滞ります。そうなると筋肉が収縮し、いっそう血流が悪くなり、さらに腰痛が悪化したり、冷えや生理痛などの新たな症状が現れることもあります。


当院では丁寧な問診と検査によって、根本原因をみつけ背骨や骨盤の歪みを矯正していきます。
矯正といってもボキボキ骨を鳴らすような強い矯正ではなく、クッションのようなブロックとよばれる物を骨盤の下に置いていきます。これによってご自身の体重を使ってゆっくり矯正ができ、無理なくその人にあった背骨、骨盤の位置に戻していきます。
背骨、骨盤の位置の歪みをとる事によって神経伝達がうまくいきわたるようになり、痛みが改善されます。

< 肩こり  |  一覧へ戻る  |  首こり・首痛 >

このページのトップへ