• 院長ブログ
  • 6つの特長
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 症状別対処方法
  • グループ開業者リンク

HOME > 症状別対処方法 > ぎっくり腰

症状別対処方法

< 首こり・首痛  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

ぎっくり腰

ぎっくり腰は魔女の一撃と欧米で言われているように、かなり痛いんです。
正式には急性腰痛症と言われるように、急に起こる腰痛の総称です。
ぎっくり腰が起きるのは腰椎周辺の筋肉、靭帯、椎間板に小さな損傷やねんざが起こった場合などです。
ぎっくり腰の主な原因は限度を超えた瞬間的な過負荷、蓄積された疲労などがあります。
ぎっくり腰というと、限度を超えた瞬間的な過負荷の方を思い浮かべるかもしれませんが、意外に蓄積された疲労の方が多い傾向があります。実はぎっくり腰になる前から腰が痛かったり違和感を覚えてる方が多いです。コップの水が溢れるように蓄積していった疲労が溢れてしまうのです。

腰が痛かったり違和感がある方は突然ぎっくり腰になる可能性がありますので要注意です。
重いものを持った時や、立ち上がろうとした時、くしゃみや、寝て起きたらなどという話も聞きます。ぎっくり腰になった時は無理して動かず1番楽な姿勢をとって下さい。
多くの場合、痛む方を下にして横向きになり、背中を少し丸めた姿勢が楽になります。そして幹部を冷やしてください。冷やすものはアイスノンや氷をビニール袋に入れて少量の水を加え、タオルを巻いたものなどがよいです。痛みが強い日は入浴やマッサージ、飲酒など血行がよくなるものは控えましょう。一時的に痛みが引くまで安静にしているのが一番だと言われていますが、じつはこれがぎっくり腰は癖になりやすい」といわれている要因なのです。

安静にしたままでは痛みが引いても腰椎や骨盤が歪んだままであるため、再発する可能性があります。
ぎっくり腰になられた患者様は少しでも早期に施術を受けていただき、現在の痛みを緩和ぎっくり腰が再発しにくい体にすることをお勧めします。当院では大腰筋を十分にほぐしてから検査を行い、骨盤や腰椎のズレをみつけ患者様1人1人にあった形で骨盤や腰椎を矯正していきます。

矯正といってもボキボキ骨を鳴らすような強い矯正ではなく、クッションのようなブロックとよばれる物を骨盤の下に置いていきます。これによってご自身の体重を使ってゆっくり矯正ができ、無理なくその人にあった骨盤、腰椎の位置に戻していきます。骨盤と腰椎が正しい位置に戻ると、圧迫されていた筋肉やずれていた骨も正常に戻り神経を刺すような痛みから解放されます。

< 首こり・首痛  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

このページのトップへ