• 院長ブログ
  • 6つの特長
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 症状別対処方法
  • グループ開業者リンク

HOME > 症状別対処方法 > 坐骨神経痛

症状別対処方法

< ぎっくり腰  |  一覧へ戻る  |  骨盤矯正 >

坐骨神経痛

なんとなく腰が痛い…座っているとお尻当たりに何か違和感が…


最初はそんな些細な違和感だったのに、放っておいたらお尻や太ももが痺れてたり、ふくらはぎや足先が痺れたりなんて事ありませんか?
もしかしたらそれは、坐骨神経痛かもしれません。坐骨神経とは腰からお尻、太もも裏、ふくらはぎなど体の後面を通っている神経の事です。これが、何らかの原因によって刺激され痛みや痺れを引き起こします。主に考えられる原因は「背骨(椎間板)の不具合」「骨盤(仙腸関節)の歪み」です。したがって椎間板の不具合骨盤の歪みを解消することで、座骨神経痛を根本から改善することができます。

椎間板ヘルニア・腰椎変形すべり症・腰椎分離すべり症・腰部脊柱菅狭窄症などによっても座骨神経痛が起きます。

当院では一人一人にあった施術をしていきます。
基本は、最初、関節と筋肉を緩めてその後、一人一人にあった形で腰椎や骨盤を矯正していきます。
矯正といってもボキボキ骨を鳴らすような強い矯正ではなく、クッションのようなブロックとよばれる物を骨盤の下に置いていきます。これによってご自身の体重を使ってゆっくり矯正ができ、無理なくその人にあった骨盤、腰椎の位置に戻していきます。骨盤と腰椎が正しい位置に戻ると、圧迫されていた筋肉やずれていた骨も正常に戻り神経を刺激しなくなるので、痺れが改善されていきます。

< ぎっくり腰  |  一覧へ戻る  |  骨盤矯正 >

このページのトップへ