• 院長ブログ
  • 6つの特長
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 症状別対処方法
  • グループ開業者リンク

HOME > 症状別対処方法 > 自律神経

症状別対処方法

< 骨盤矯正  |  一覧へ戻る

自律神経

自律神経には交感神経副交感神経があります。
自律神経はこの2つの神経の事をいいます。

簡単に言うと、

交感神経は活動している時や、プレッシャーがかかった時やストレスを感じている時などに活発になる神経で、主に日中活発になります。
副交感神経は休息している時やゆったりとした気分になっている時など、リラックスした時に活発になる神経で、主に夜間に活発になります。

例えばすごく集中して仕事をした後や、趣味や運動に没頭した後、悩み事が続いているなどの時に、体は疲れているのに眠れないって事ありませんか?それは交感神経が活発になり過ぎて、副交感神経の働きが悪くなっている状態の事です。このような症状が続いたり、ひどくなる事を、いわゆる自律神経が乱れているとか、自律神経のバランスがくずれているなどと言ったりします。

自律神経のバランスがくずれると、頭痛・不眠・めまい・動悸・息切れ・倦怠感・食欲不振・うつなどの症状が起こってきます。また病院の検査では何も異常がなかったのになんとなく調子がよくないなど、自律神経の問題はとても繊細です。
自律神経は大きなストレス、睡眠時間か短い、不規則な生活、性格が真面目で頑張りすぎる、運動不足、栄養バランスの悪い食事、などで乱れていくことが多いのですが、その根本原因をたどると、「脳脊髄液の循環不良」「頭蓋骨の過緊張」の他「骨盤の歪み」「背骨の歪み」を伴っているケースが多いです。


当院では、脳脊髄液の循環不良と頭蓋骨の過緊張を解消し、背骨・骨盤の歪みを解消することで、ストレスを解放し自律神経のバランスを整えて改善していくことができます。                  当院では頭痛が治らない、めまいがするなど、よく分からないけれど体調が悪い方、眠りたいのに眠れない不眠でお困りの方、患者様1人1人にあった施術で自然治癒力を最大限にひきだせるよう全力でサポートしていきます。
 

< 骨盤矯正  |  一覧へ戻る

このページのトップへ