• 院長ブログ
  • 6つの特長
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 症状別対処方法
  • グループ開業者リンク

HOME > 改善症例

改善症例

ストレートネック・首痛・背中痛

首痛、肩こりがひどく耳の後ろが痛くなり病院に行ったが、首から背中にかけての筋肉が固くなっているとの診断で、ブロック 注射をされ痛み止めの薬をもらって痛みをごまかしていたが、痛みの原因を取り除かないといつまた痛みが出てくるか心配なのでという理由で来院。

製図を作製するCADという仕事を10年位続けていて、一日中パソコンに向かっている。そのため首は完全なストレート ネックで壁を背に立ってもらい検査をすると、頭が壁に付かず壁との間に5cmも間隔があり。首から肩、背中にかけての張り、痛みはこのストレート ネックが原因。

初回検査ではすべて陰性。ストレートネックに加え猫背もあり、首から肩にかけてのかなりの筋肉硬結がある。

体全体をJNT整体で緩め、頸椎矯正や肩周囲の関節や筋肉を緩める猫背矯正、その他特殊テクニックによりつらい症状をかなり軽減することができ、だいぶ楽になる。また施術後のストレートネックを確認したら、約2㎝間隔が狭まる。

3回目の検査では骨盤に変異ありと出て、坐骨神経痛の症状も出る。首や肩の施術の他に坐骨神経痛の特殊テクニックも併用して施術。4回目で坐 骨神経痛の症状もほぼなくなる。一日中椅子に座って仕事をしているため、坐骨神経痛は潜伏していた模様。

その後計画通りに通院していただいた結果、5回目でストレートネックは壁に付くまでに改善。検査で壁に背を向けて立ってもらったとき、自然に後頭部が壁に 付く。
もちろん坐骨神経痛の痛みもまったく無くなり、痛み止めの薬も不要となった。

その後、この良い状態を維持するために、メンテナンスに移行して通院。

耳鳴り・腰痛・背中痛(40代男性)

精神的な不安から耳鳴りがするようになったため来院。問診では他に腰や背中が痛いときがあるという。
検査はすべて陰性だが、表情が暗く姿勢もかなりの猫背とストレートネックであるため、まず体全体の筋肉骨格を緩め、ブロックを入れて腰から背中の捻じれを整えたところ腰や背中の痛みはほぼ改善。その後耳鳴りの原因と思われる自律神経のバランスを整え、頭蓋骨調整を行った。
2回目の時点では耳鳴りはまだするということだったが、3回目に確認したところ耳鳴りは全く気にならなくなったとのこと。そのころから表情が少し明るくなり仕事や仕事以外のことも話すようになり、その後完全に耳鳴りはしなくなった。
しかしその段階ではひどい猫背はまだ少し改善しただけだったため、あきらめずに根気よく通院してもらった結果、7回目くらいから姿勢もよくなりストレートネックもあと少しと言うところまで改善。その後10回目でほぼ正しい姿勢になってきたため、その後はメンテナンスで通院中。

首・背中の痛み、手首の痛み(30代女性)

子育ての授乳や家事で不自然な姿勢が多く、背中が痛くて仰向けに寝られない、子供を抱き上げたり、はさみや包丁を使おうとすると親指や手首に激痛が走るという症状で来院。
背中の痛みはJNT整体とブロックテクニック等の施術で、3回目でほぼ改善。あおむけに寝ても痛みは出なくなった。
手首は腱鞘炎のため、2、3回の施術では改善はしないが、あきらめずに体を整え、肩、腕などの関連する筋肉の緩め等の施術を繰り返したところ、当初の激痛は改善され、徐々に痛みは緩和されている。腱鞘炎については現在も通院治療中です。

首・肩こり(20代男性)

IT関連の仕事をされていて、相当長時間パソコンに向かっているためひどい肩こりに悩まされていました。
JNT整体とブロックテクニック、肩関節の緩め、頭蓋骨調整などの施術を行う。1回目でだいぶ楽になったが、かなり慢性化していたため施術を繰り返した結果、8回目からは首・肩のハリ、こりはほとんど気にならない状態まで改善。首・肩の可動域も大幅に改善されました。その後も予防のため定期的に通院されています。

肩こり、頭痛、目の奥の痛み、便秘、下半身のむくみ(20代女性)

長時間のパソコンでの仕事や職場環境でのストレスにより、肩のこり、頭痛、をはじめいろいろな症状でお悩みでした。
検査の結果は「骨盤の変位」。JNT整体とブロックテクニック、リンパ整体で肩こり、下半身のむくみは改善。頭蓋骨調整や自律神経の調整で頭痛、目の奥の痛みも改善。5回目で以上の症状はすっかり改善したが、便秘は慢性化していたため現在も通院治療中。徐々に改善されてきています。

腰痛、坐骨神経痛(40代男性)

7年前に椎間板ヘルニアの手術をしたが、お尻からつま先までの痛み、痺れが出てきて他の整体院に行ったものの効果がなく、HPで当院を探し来院。
典型的な坐骨神経痛の症状であったため、JNT整体とブロックテクニック、坐骨神経痛用特殊テクニックなどで施術。足先のしびれは多少残るが1回目でお尻から太腿にかけての痛み、痺れはほぼ改善。しかし根本的な治療をせず長年ごまかしながら慢性化させてしまったため、何度か症状が後退したり良くなったりを繰り返したが、ご本人があきらめずに通院された結果、14回目で検査が陰性になり症状も全くなくなり終了としました。
その後も再発予防のため、月1回のメンテナンスで通院されています。

首・肩・腰の痛み、産後の骨盤矯正(30代女性)

産後3ヶ月で産後の骨盤矯正で来院。その他にも授乳や子育てによる首・肩のこり、腰の痛みの症状あり。
検査の結果「骨盤に変位」あり。JNT整体とブロックテクニックで骨盤矯正を行う。また首・肩のこり痛みは頸椎の変位が原因のため頸椎を矯正。施術の結果3回目には検査も陰性になり、首・肩は楽になり、腰の痛みもかなり緩和されました。その後定期的に通院施術され、7回で首・肩・腰の痛みはすべて改善され終了。その後も月1回のメンテナンスで通院されています。

肩こり、坐骨神経痛(20代女性)

大学生でレポート提出などのためパソコンを長時間座ったまま使用。そのため肩こりがひどく、腰も張るような痛みがあった。
検査の結果、「腰椎の変位」あり。JNT整体とブロックテクニック、坐骨神経痛用特殊テクニック、自律神経の調整、頭蓋骨調整などにより等の施術を行った結果、3回目で肩のこり、坐骨神経痛もほぼ改善。5回目で終了。

坐骨神経痛(60代女性)

お尻から脚の横の筋が痛み、痺れていて病院や整骨院に行ったが改善されなかった。
坐骨神経痛の症状だったため、JNT整体とブロックテクニック、坐骨神経痛用特殊テクニック等の施術を行った結果、3回目でほぼ痛みは改善。痺れが少し残る。その後通院を続けた結果6回で痺れも取れ終了。

首・肩のこり・背中痛・目の奥の痛み(50代女性)

首と肩がこり、背中も痛く、目の奥の痛みがあり、仕事にも行けなく来院されました。
検査の結果、「腰椎の変位」からくる症状と判断。JNT整体とブロックテクニック、自律神経の調整、頭蓋骨調整などにより、1回目で症状はほぼ改善。姿勢が良くなり背筋が伸びたためご本人も背が高くなった気がして、視界が変わったと大喜び。3回目で検査も陰性になり目の奥の痛みなどの症状も消えましたが、その後1ヶ月に1回のメンテナンスで通院されています。

1

このページのトップへ